入学する方法とは

教材

入学試験の日程など

大学入試といえば一般的にセンター試験を受験し、その結果を踏まえて各学校独自の試験を受けたりセンター試験の結果で合否を判定してもらったりすることを言います。現在は大学全入時代と言われるようになり学生を集める魅力のある所とそうでないところとでわかれるようになったため、各学校で様々な入試が生み出されるようになりました。例えばスポーツの成績や芸能の成果などを自己推薦して出願するものや、大学で行われる講義を聞いたり議論をしたりするなかで学生として必要な力を身に着けているかを見るAO試験などです。しかし、多くの学生はセンター試験や各学校独自の試験を受けて入学することが多いため筆記試験の準備に多くの時間をかけます。推薦入試やAO試験などの特殊な試験を使わない限り、多くの大学でセンター試験の成績を用います。例えばセンター試験の成績のみで合否判定を出すものや各学校独自の入試問題の成績とを合わせた判定方法などです。ほかにもセンター試験を使わない受験方法として、主に私立大学では独自の試験問題を作りその成績のみで判定するものもあります。大学入試では国公立大学では前期日程、後期日程とに分けて行われることが多く、私立大学ではその日程を考慮して独自で日程を設けて試験が行われます。多くの受験者はセンター試験から始まり、遅い日程では3月の最後まで用意しているところまであります。よって特に複数校受験する予定の人は受験だけで見ても2か月ほどの長期戦になることもあります。