学費が免除される制度

女子学生

免除対象者と申請方法

大学費用は国公立や私立で大きく変わってきますが、経済的な事情のために大学進学ができない学生も少なくありません。大学費用は、4年間で500万円から1,000万円を超える場合もあります。しかし、そのような学生たちを対象に、大学費用を免除する大学があります。それは、ほとんどの国公立大学や一部の私立大学で行われています。これに申請をして選ばれれば、授業料の半分または全額が免除されるようになります。この免除される費用は、授業料が対象です。一般的に国立大学の授業料は、年間で約50万円から80万円ほどです。この費用の半分または全額が免除されるのであれば、経済的な問題を抱えていても救われます。しかし、大学費用が免除される学生は条件があります。学生の保護者が低所得であることに加えて、学生自体が優秀でなければいけません。成績もそうですが、高校生活での態度も審査に加えられます。これらを審査基準として免除対象者を判定していくため、成績が良くなかったり、欠席が多くて問題行動を起こしてきた学生は対象外となります。この大学費用の免除は、大学側が事前に告知しているので、ホームページなどを見てから申請方法を確認していくようにします。免除対象者の募集枠は大学によって異なるため、より優秀な人ほど免除対象となる確率が上がります。そのため、高校生のときから大学進学を考えている場合、真面目に高校生活での学業に励むようにすれば免除対象の可能性が出てきます。免除申請について分からないことがあれば大学側に直接聞いてもいいですし、高校の担任に相談してみるのもいいでしょう。ただし、必ず大学側が募集する免除対象者の条件を守り、受付の期日までに間に合うように申請することです。